【重慶バンコク】高付加価値化を目指す重慶 (2)内陸部は奥地か玄関口か

中国の重慶市では、従来の二輪車に加え、2000年以降に自動車、10年以降にパソコン生産が発展した。20年までには半導体関連や産業用ロボット製造へと高付加価値型産業へのシフトを目指す。しかし、日本企業はその存在感を示していない。重慶市や周辺省区は東南アジア諸国連合(AS…

関連国・地域: 中国タイベトナムミャンマーラオス日本ASEAN米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車農林・水産運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

サムスンは迂回輸入で調達か トップ帰国、輸出規制に備え(20:00)

健康食品ファイン、東南ア拡販へ新会社(19:32)

イオンクレ、追徴税で高裁から召喚状(16:28)

日立造船がソウル支店閉鎖、組織改編の一環(17:47)

テイクオフ:どこの国にも話好きなタ…(07/16)

【予定】16日 みずほFG傘下銀行で次期勘定系システム移行完了ほか(07/16)

日系の機械商社、業績好調 山善は5年で売り上げ3倍に急伸(07/16)

日韓でセパレーター増強合戦 追うSK、積極投資を加速(07/16)

東南アで砂糖の売上550億円へ 三井物産、成長期需要取り込み(07/16)

韓進造船所、国際港に転換 債権団が提案、日米など関心か(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン