【重慶バンコク】高付加価値化を目指す重慶 (2)内陸部は奥地か玄関口か

中国の重慶市では、従来の二輪車に加え、2000年以降に自動車、10年以降にパソコン生産が発展した。20年までには半導体関連や産業用ロボット製造へと高付加価値型産業へのシフトを目指す。しかし、日本企業はその存在感を示していない。重慶市や周辺省区は東南アジア諸国連合(AS…

関連国・地域: 中国タイベトナムミャンマーラオス日本ASEAN米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車農林・水産運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

児玉化学工業、江蘇子会社売却し中国撤退(07:56)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

団体旅行禁止、東南ア経済に打撃も(01/27)

湖北省全域への渡航中止、日本外務省が勧告(01/27)

アマタ会長=日系をミャンマーに誘致したい(01/27)

ラオス航空、熊本への就航を再延期(01/27)

【書籍ランキング】1月9日~1月15日(01/27)

日系機械が販路拡大狙う 製造業に潜在需要、11社が出展(01/27)

ブチルゴムを1.5倍に増産へ ソフトプレン、新工場を開所(01/27)

商船三井、火山噴火の被災者に1万ドル(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン