• 印刷する

コカコーラ現法、米本社に事業売却

メキシコに本拠を置く中南米最大規模の飲料メーカー、コカ・コーラFEMSA(CCF)は16日、フィリピン子会社のコカ・コーラFEMSA・フィリピン(CCFPI)の株式51%を米コカ・コーラに売り戻すと発表した。2013年1月に米コカ・コーラからCCFPIの株式を6億8,850万米ドル(約760億円)で買収して以来、6年弱でフィリピン事業から撤退する。

今回の株式売却は、米コカ・コーラから株式を取得した際に決められたオプション規定に従ったもの。「一定の期間後に、買収した株式を米コカ・コーラに売り戻すか、CCFPIの残余株(49%)を取引完了後6年以内に取得するオプションを行使できる」との条項が契約に盛り込まれていた。米コカ・コーラはCCFとの取引完了後、傘下のボトリング会社ボトリング・インベストメント・グループ(BIG)を通じてフィリピン事業を管理する予定だ。

CCFのジョン・マリア最高経営責任者(CEO)はCCFPI株の放出を決めた理由について、「5年以上にわたり市場拡大に努め、効率的な運営体制を構築してきたが、最近の事業見通しを考慮し、株主の利益還元に最も適切な手段として株式の売り戻しを決定した」と説明。一方の米コカ・コーラは、フィリピンを重要な市場と強調した上で、「将来性を見据えた経営計画の遂行に自信を持っている。(CCFによる)売り戻しの決定を歓迎したい」とコメントした。

今年1月に施行された税制改革法(TRAIN)で加糖飲料に新税が課せられるなど、フィリピンで飲料業界の経営環境が厳しくなっていることが、CCF撤退の背景にあるもよう。CCFPIは年初に、人員削減を柱とするリストラを実施すると発表していた。

CCFは、メキシコの消費財系複合企業(コングロマリット)フォメント・エコノミコ・メヒカーノ(FEMSA)と米コカ・コーラの合弁会社で、FEMSAが47.2%、コカ・コーラが27.8%を出資する。


関連国・地域: フィリピン米国中南米
関連業種: 食品・飲料金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝は晴れ、昼に大雨、夕…(10/22)

中国人、ビザ悪用で不正入国 入管職員便宜、収賄400億ペソか(10/22)

東南ア6カ国の訪日客、9月も9割超減少(10/22)

コロナ感染新たに1509人、計36万2243人(10/22)

観光省、ホテルの通常営業再開を許可(10/22)

20年GDP6%減に下方修正、財務相(10/22)

貿産省、合板認証制度を再導入(10/22)

公共事業の184件、契約額が予算超過(10/22)

Fジェン、LNG設備契約で入札通知(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン