• 印刷する

CPF、高級鶏「ベンジャチキン」開発

タイの食品最大手チャロン・ポカパン・フーズ(CPF)は、玄米を飼料にして育てた高級鶏を開発したと発表した。「ベンジャチキン」のブランドで世界各国に輸出する。8日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

社内の自然食品開発プロジェクト「Uファーム」が商品化した。出荷額は1羽300バーツ(約1,000円)ほど。先に実施したブラインドテストでは、1羽3,000バーツの高級ブランドの鶏肉と同等の評価を得たという。今月中に国内で発売するとともに、世界20カ国以上へ輸出する計画。最初の輸出先は日本を予定している。

ウィタワット副社長(販売担当)は、最近の消費者は食品の生産地などの情報を細かくチェックし、自然食品や有名シェフが推薦する製品を選ぶ傾向が強いと指摘。ベンジャチキンについては成長を促進する抗生物質などを一切使用していない安全性をアピールして高級スーパーで販売するとともに、提携レストランにも供給していく。


関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(21:00)

サムスン、タイの大型石油プラント受注(17:34)

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(21:22)

テイクオフ:美容大国タイ。どんなも…(10/22)

タイを日本人起業家の拠点に 日本政府が本腰、財閥と提携支援(10/22)

LINE、クラウドソーシング企業に出資(10/22)

四国電力、タイでEV製造のFOMMに出資(10/22)

CRCタイワサドゥ、カーケア事業に参入(10/22)

ベスパ、プリマベーラ50周年記念モデル発売(10/22)

カンボジアとタイ、共通ビザの導入再提案(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン