都市の中間層狙い野菜工場 小売大手と日系、食の安全を訴求

ミャンマーの小売り最大手シティマート・ホールディングス(CMHL)と日系投資会社トラスト・ベンチャー・パートナーズ(TVP)は近く合弁会社を設立し、最大都市ヤンゴンで農薬を使わずにレタスなどの水耕栽培を行う工場の事業を買収する。野菜はパック詰めしたサラダで販売…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 農林・水産小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

YRTA、バスターミナル候補地を選出(01/24)

山万がヤンゴンでホテル開業 日本人に照準、介護人材の育成も(01/24)

〔寄り道〕日本ではうちわ配布が政治家の犯罪に…(01/24)

ICJ、迫害につながる行為停止を命令(01/24)

国軍、ロヒンギャ迫害関与者の処罰を表明(01/24)

KBZ銀、港湾運営会社を債務不履行で提訴(01/24)

縫製業者協会、最賃案7200チャットに懸念(01/24)

NTTがミャンマー法人の営業を開始(01/24)

日本人の観光ビザ免除、23年まで延長へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン