トールが最新物流施設を開業 無人運転車やスマート管制を導入

日本郵政傘下のオーストラリアの物流大手トール・ホールディングスは18日、シンガポール西部トゥアスに次世代型物流ハブ「トール・シティー」を正式開業した。投資額は2億2,800万Sドル(約188億2,700万円)。無人運転フォークリフトやスマート管制システムなど最新技術を導入し、…

関連国・地域: シンガポールオーストラリア日本
関連業種: 運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール随一の観光…(01/24)

12月のCPI上昇率は0.5% 18年通年は2年連続プラス(01/24)

家電ダイソン、本社を英国から移転へ(01/24)

トレンドマイクロ、AMEA統括本部開所(01/24)

クラーク空港運営、JGなどの連合が契約(01/24)

AIガバナンスの枠組み公表、ダボス会議で(01/24)

中小企業、サイバーセキュリティーを軽視(01/24)

クールジャパン機構、JFTDの株式譲渡(01/24)

フィンハイ、シンガのファンドから出資(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン