• 印刷する

《日系進出》鶴丸饂飩本舗、10月に1号店

外食チェーンを展開するフジオフードシステム(大阪市北区)は12日、フィリピンで飲食店事業を手掛けるキャバラン・マネジメントとマスターフランチャイズ(FC)契約を締結したと発表した。うどん専門店「鶴丸饂飩(うどん)本舗」(つるまる)の1号店を10月に開業する。

号店は、マニラ市の商業施設「ロビンソンズ・プレイス・マニラ」内で開設する予定。主要都市を中心に出店する計画だ。フジオフードシステムの担当者はNNAに対し、「向こう3年で6店舗以上の展開を目指す」とコメントした。

同社はつるまるに加え、「まいどおおきに食堂」「うちの食堂」「串家物語」「さち福や」ブランドをアジアを中心に26店舗展開。つるまるは現在、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで2店舗展開している。

同担当者は「キャバランから、つるまるの1号店を皮切りに、まいどおおきに食堂などほかのブランドの展開も計画したいと申し出があった」と話し、多ブランドによる市場開拓に前向きな姿勢を示した。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

クリスマス用食品の推奨価格、7割が上昇(16:46)

大手診療所チェーン、シティーモールに開設(16:46)

PEZAの所得税優遇撤廃 前長官が反対、比の魅力失う(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

北ミンダナオ、最低賃金8%超上昇(10/19)

ジプニー初乗り、11月から10ペソに値上げへ(10/19)

競争委、グラブとウーバーに課徴金命令(10/19)

JNTOがマニラ事務所を開設(10/19)

18日為替:$1=53.965ペソ(↓)(10/19)

アヤラ子会社、新興医療アプリに出資(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン