• 印刷する

テイクオフ:街を歩いていると、ピン…

街を歩いていると、ピンク色のオートリキシャ(三輪タクシー)を見かけた。以前、州政府が女性専用のオートリキシャとして大量に導入した。当時はメトロの駅にピンクオート専用の予約窓口があり、女性の安全を守ろうとする政府の気概がうかがえた。

当地では女性暴行事件が後を絶たず、政府は安全性強化に努めている。タクシーへのSOSボタン搭載を義務付け、いたるところに監視カメラを導入。事件が多い州の一つである中部マディヤプラデシュ州では昨年、インドで初めて一部レイプ犯の死刑を法令化した。しかし、こうしたけん制をあざ笑うかのように、毎日のように残虐な事件が報じられる。

ピンクオート導入から3年たった今、その姿はほとんど見かけない。かけ声だけは威勢が良く、その後の監督はおろそかになりがち。女性の安全対策も、「継続は力なり」だ。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米レミットリー、送金シェア4割めざす(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

エアアジア、インドにIT子会社設立(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

【人事】ユーグレナ副社長に永田暁彦氏ほか(09/21)

【訃報】奥村武平氏(元三菱油化常務)ほか(09/21)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

テイクオフ:デリー市内で一番大きい…(09/20)

インド製炊飯器を日本へ輸出 パナ、30年で累計生産1000万台(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン