バ蟻金服、今後5年は南米とアフリカに注力

浙江省杭州市を本拠に電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営するバ蟻金融服務集団(バ蟻金服、バ=むしへんに馬、アントフィナンシャル)は、向こう5年にわたって南米およびアフリカの国々でのキャッシュレス化に注力する方針だ。ニュースサイトの界面新聞が10日伝えた。…

関連国・地域: 中国-浙江中南米アフリカ
関連業種: IT・通信金融・保険商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

ステンレスにAD調査、日本製など=商務省(12:22)

テイクオフ:「入場料120元って日…(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

首都に新環状道路、中国が2.6億ドル支援(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

中国本土の103社ランクイン フォーチュン500社番付(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

米中戦、年末から香港経済打撃か=財政長官(07/23)

銀行の財テク商品、株式投資を解禁へ(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン