バ蟻金服、今後5年は南米とアフリカに注力

浙江省杭州市を本拠に電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営するバ蟻金融服務集団(バ蟻金服、バ=むしへんに馬、アントフィナンシャル)は、向こう5年にわたって南米およびアフリカの国々でのキャッシュレス化に注力する方針だ。ニュースサイトの界面新聞が10日伝えた。…

関連国・地域: 中国-浙江中南米アフリカ
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売りサービス


その他記事

すべての文頭を開く

8月の新築住宅価格、上昇は55都市に減少(13:27)

中国系のコンドやホテル、首都で年内に着工(09/17)

テイクオフ:中国人の口コミに対する…(09/17)

【業界探訪】訪日台湾人、今年500万人へ 雄獅旅行社の游国珍総経理に聞く(09/17)

低空飛行の日韓路線(中) 地場に逆風、路線多角化で打開へ(09/17)

上水の薬局に閉店の波 本土客減、繁華街も空き店舗拡大(09/17)

工業・消費・投資そろって失速 8月統計、下振れ圧力強まる(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

首相が経済運営に自信、「リスク克服可能」(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン