バ蟻金服、今後5年は南米とアフリカに注力

浙江省杭州市を本拠に電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営するバ蟻金融服務集団(バ蟻金服、バ=むしへんに馬、アントフィナンシャル)は、向こう5年にわたって南米およびアフリカの国々でのキャッシュレス化に注力する方針だ。ニュースサイトの界面新聞が10日伝えた。…

関連国・地域: 中国-浙江中南米アフリカ
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売りサービス


その他記事

すべての文頭を開く

時間短縮も広州中心まで遠く 広深港高鉄、深セン訪問に利便性(09/27)

テイクオフ:鉄道が新しく開通すると…(09/27)

高鉄香港区間の乗客数、2日目に約4割減(09/27)

経済の先行き、ア開銀は強気 貿易戦争も今年の成長予測据置(09/27)

30年までに埋立ごみ8割削減 豪政府が新廃棄物政策(09/27)

中国のBMW提携会社、緬で組立・販売へ(09/27)

貿易戦で4Qマイナス成長も、物流業界団体(09/27)

11月に関税引き下げ、貿易摩擦の負担軽減狙う(09/27)

再生エネ企、エネ政策不安で国外投資優先も(09/27)

中国は「鉄の兄弟」、離任の熊波大使に首相(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン