米とFTA視野に協議、税関手続きなど課題

フィリピンの財務省は9日、米国政府と2国間の自由貿易協定(FTA)を視野に協議したと発表した。米国からは税関手続きや知的財産(IP)分野などの環境改善を求められた。

ドミンゲス財務相、ロペス貿易産業相、ピニョル農相らが、米国側の高官とこのほど会談。2017年11月にマニラで開かれた両国首脳会談での議論を深めた。

米通商代表部(USTR)のジェフリー・ゲリッシュ副代表(アジア、欧州、中東、産業競争力担当)は、同協議を「非公式な準備段階の会合」と指摘。本格的なFTA交渉を開始する前に、コメなど一部の農産品、税関手続き、知財権、電子決済サービス市場の課題を解決するようフィリピン側に求めた。

ドミンゲス氏は協議で、米中貿易戦争に関する懸念を表明。両国の貿易が停滞すれば世界経済に影響を与え、長期的にフィリピン経済にとってマイナスになるとの見解を示した。

フィリピンの昨年の対米貿易額は166億米ドル(約1兆8,450億円)。輸出が92億米ドルと国・地域別で2番目に大きく、輸入は74億米ドルで4番目だった。


関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

セブンイレブン、来年中に3000店舗展開へ(12:28)

テイクオフ:警察官に憧れたコスプレ…(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

6月の国際収支、赤字が11.8億ドルに拡大(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

家計消費の伸び率、昨年は中ルソンが最高(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

Baa2据え置きもリスク指摘、ムーディーズ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン