• 印刷する

越境EC、今年は32%増の2500億円見込み

米オンライン決済サービス大手ペイパルとフランスの調査会社イプソスの調査によると、フィリピン人消費者による越境電子商取引(EC)の支出額が、今年は前年比32%増の1,219億ペソ(約2,513億円)となる見込みだ。28日付ビジネスワールドが伝えた。

ペイパルなどの報告書によれば、フィリピンの越境ECで過去1年間で最も人気が高かった分野は、服や靴、アクセサリーを含むファッション製品。越境EC利用者の68%が同分野に支出した。このほか家電品(利用者全体の57%が支出)、化粧品・美容製品(56%)と続いた。利用者の55%が、今年の支出額が増加すると回答した。

ペイパルは、フィリピン人の越境オンライン支出額が2020年までに1,851億6,000万ペソに達すると予想。スマートフォンなどモバイル機器の急速な普及により、Mコマース(携帯端末経由のEC)が拡大するとみている。

調査は世界31カ国・地域の3万4,000人を対象に実施。フィリピンでは1,006人が回答した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ系消費者金融、来年に顧客7割増計画(12:36)

BOI、バタンガスの油脂化学工場に優遇(12:35)

中銀が政策金利据え置き 6会合ぶり、インフレ率鈍化受け(12/14)

11月新車販売、23%減の3.1万台(12/14)

伊藤忠、ドールの果物かすでバイオガス発電(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

PEZA投資認可、1~11月は44%減少(12/14)

13日為替:$1=52.620ペソ(↑)(12/14)

マカティ地下鉄計画が始動、事業者と覚書(12/14)

バイクタクシーまだ認めず、最高裁が判断(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン