越境EC、今年は32%増の2500億円見込み

米オンライン決済サービス大手ペイパルとフランスの調査会社イプソスの調査によると、フィリピン人消費者による越境電子商取引(EC)の支出額が、今年は前年比32%増の1,219億ペソ(約2,513億円)となる見込みだ。28日付ビジネスワールドが伝えた。

ペイパルなどの報告書によれば、フィリピンの越境ECで過去1年間で最も人気が高かった分野は、服や靴、アクセサリーを含むファッション製品。越境EC利用者の68%が同分野に支出した。このほか家電品(利用者全体の57%が支出)、化粧品・美容製品(56%)と続いた。利用者の55%が、今年の支出額が増加すると回答した。

ペイパルは、フィリピン人の越境オンライン支出額が2020年までに1,851億6,000万ペソに達すると予想。スマートフォンなどモバイル機器の急速な普及により、Mコマース(携帯端末経由のEC)が拡大するとみている。

調査は世界31カ国・地域の3万4,000人を対象に実施。フィリピンでは1,006人が回答した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計IT・通信商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

家電コンセプション、開発部門を事業の柱に(16:29)

BPO業界の世界シェア、22年までに14%(17:27)

テイクオフ:会社のドライバーが忌引…(07/17)

税制改革法案第3~4弾、今月中に議会提出(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

政府インフラ整備、民間企業が主導的役割(07/17)

5月の海外送金受取、6.9%増の25億ドル(07/17)

フィルヘルスの被保険者、全人口の93%に(07/17)

16日為替:$1=53.530ペソ(↓)(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン