豊田織機が大阪にPR施設、物流最新技術を発信

【共同】豊田自動織機は25日、自動で荷物を仕分けるロボットを用いた物流センターや、無人のフォークリフトが部品を運ぶ生産ラインなどを展示するPR施設を大阪府吹田市に26日開業すると発表した。運送業者やメーカーに最新技術を発信して設備導入を促す狙い。 施設名は「トヨタ…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

ラックランド、イオン2号店の内装施工(07/20)

「KANEBO」韓国で発売(07/20)

【スタートアップの挑戦】空港から荷物を当日宅配 手ぶら観光促進、日系と提携も(07/20)

6月の新規車両登録、15%増 乗用車が好調、6カ月ぶり1万台超(07/20)

トヨタが優遇車の生産開始 新ヴィオス、月3500台販売へ(07/20)

ラオス日系特区初の工場完成 三幸工務店、高品質コンクリ製造(07/20)

テイクオフ:ちょっとした旅をしよう…(07/20)

スズキ、カーケアの販売強化 全国の販売店でブランディング(07/20)

ハイアール、32%成長狙う ミドルハイ商品さらに強化(07/20)

所得向上で拡大する間食市場 売れ筋に地域差、南部はチョコ好調(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン