• 印刷する

テイクオフ:お墨付きというものは、…

お墨付きというものは、ないよりはあった方が頼もしい。ニューデリーで入った布屋は、ラジャスタン州政府が運営する店だった。買い物中、「うちは政府公認だから安い、心配ない」と店員から10回は念を押された。たしかに相場より安く、物も良かった。

29の州と7つの連邦直轄領から成るインドでは、この種の権威付けが好まれるのかもしれない。政府公認のヨガインストラクターや政府御用達の紅茶鑑定士と、当局の後光をまとった名称をよく耳にする。

形のないものだけに見極めが必要なときもある。観光地では看板に「GOV」や「GOVERNMENT」の文字を掲げた旅行代理店が少なくない。観光局の出先機関を装っているのだろう。実態は政府とは関わりの無い自営の店で、高額なツアーを勧められるらしい。「消防署の方から来ました」に見られる権威を利用した商法は世界共通のようだ。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの人たちは何かと…(09/26)

日系のヘルステック投資加速 医療ギャップ解消へ大きな需要(09/26)

南部の車工場で複数スト、大手労組が支援(09/26)

GM、インド最後の工場をJSWに売却か(09/26)

独VW、プネに印3カ所目の配送センター(09/26)

ホンダ二輪、インドからの輸出200万台突破(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

中国電動バイクの新日、インド工場設置へ(09/26)

【人事】三栄建築設計副社長に吉野満氏ほか(09/26)

鉄鋼タタ、ウシャマーティンと供給契約(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン