• 印刷する

テイクオフ:訪れた各地で地元の人に…

訪れた各地で地元の人に愛されるローカル飲料を探しているが、例えばタピオカティーなどは日本でも気軽に飲めるようになっており、その地でしか味わえないものがなかなか見当たらない。

そうした貴重な例として紹介したいのは、台湾の代表的な炭酸飲料「黒松沙士」。滞在が長い在留邦人でも、あえて何度も飲もうとは思わないと聞き、試してみると味は歯磨き粉そのもの。駐在経験者から「湿布風味」と酷評されていた通りの口当たりだった。

ただ、捨てるのも惜しいと1缶飲み終わるころには、「また飲んでみようか」と別の感情が芽生えてくる。考えてみれば、コーラやビールだって何の予備知識もなく初めて飲んだ人は、恐らく変わった味と思うはずで、飲み食いは結局慣れの問題。さらに、長く愛飲されているものには、次第にとりこになってしまう常習性もあるのだろう。(竹)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本支援の多目的港が完成 ティラワ、貨物増で今後も拡張(18:17)

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(12/14)

パキスタン、外資は利益拡大 首相顧問が日本で投資誘致(12/14)

同じ味とサービスが信頼の証 ココの立役者、林家振総経理に聞く(12/14)

11月の新規車両登録は5%減 乗用車と商用車が2桁のマイナス(12/14)

テイクオフ:「日本式のきめ細かい規…(12/14)

【フィンテック】料金徴収代行のPayooが好調 国内8000カ所で対応、月間230億円(12/14)

【改革開放40年】(1)開かれた扉 黎明期の日本企業と日本人(12/14)

〔寄り道〕「10年は日本でやる。日本の技術を…(12/14)

ヤマハ発動機、グラブと資本・業務提携(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン