• 印刷する

テイクオフ:訪れた各地で地元の人に…

訪れた各地で地元の人に愛されるローカル飲料を探しているが、例えばタピオカティーなどは日本でも気軽に飲めるようになっており、その地でしか味わえないものがなかなか見当たらない。

そうした貴重な例として紹介したいのは、台湾の代表的な炭酸飲料「黒松沙士」。滞在が長い在留邦人でも、あえて何度も飲もうとは思わないと聞き、試してみると味は歯磨き粉そのもの。駐在経験者から「湿布風味」と酷評されていた通りの口当たりだった。

ただ、捨てるのも惜しいと1缶飲み終わるころには、「また飲んでみようか」と別の感情が芽生えてくる。考えてみれば、コーラやビールだって何の予備知識もなく初めて飲んだ人は、恐らく変わった味と思うはずで、飲み食いは結局慣れの問題。さらに、長く愛飲されているものには、次第にとりこになってしまう常習性もあるのだろう。(竹)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

森崎ウィンさん、販促事業で引っ張りだこ(14:59)

LINEとカカオ、ウェブ漫画が日本で人気(16:17)

テイクオフ:「結構小さい施設なのに…(09/26)

コスト吸収に限界、米中対立が市民にしわ寄せ(09/26)

リオンが空港に騒音観測機、ベトナム初(09/26)

新イノベーションセンター開所 NEC、セキュリティー技術紹介(09/26)

駐車場の増設が本格化 渋滞緩和(上)供給追いつかず(09/26)

【リーダーに聞く】物流・ジプニーの革新を生む マイキャブ、タクシーは第1歩(09/26)

日中がAI開発で連携へ、先端技術の政府間対話(09/26)

日系のヘルステック投資加速 医療ギャップ解消へ大きな需要(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン