• 印刷する

テイクオフ:12日の米朝首脳会談は…

12日の米朝首脳会談は、シンガポールの名を世界に知ってもらう絶好の機会だった。

世界中の報道陣が集まる国際メディアセンターでも、自国の宣伝に力が入っていた。13日には海外メディア向けに国内視察ツアーを実施。世界遺産の植物園や新興住宅街を回ったという。人気の観光地や最新の都市開発を知ってもらおうという狙いか。視察といえば、北朝鮮の金正恩委員長は11日夜、観光名所のマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)などを訪れ、「シンガポールに対する立派な印象を持った。その知識や経験を多く学びたい」と話したという。金氏が資本主義の国を褒めるのは珍しいとか。目覚ましい経済発展を遂げた当地の景観に一番感銘を受けたのは、同氏だったかもしれない。

シンガポールが得意とするインフラ整備で、かの国から将来協力を求める声が出るかもしれないと思うのは、あまりに楽観的だろうか。(雪)


関連国・地域: 北朝鮮シンガポール米国
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事が終わって最寄り駅…(03/21)

域内企業幹部、19年に楽観的 人材のスキル不足は懸念材料(03/21)

1年半で42の金融機関に罰金、不正取引など(03/21)

テマセク子会社、CEOにサンドラセガラ氏(03/21)

米FCストーン、UOBの清算・決済子会社を買収(03/21)

株価反落、金融最大手DBSは0.3%安(03/21)

エニーマインド、VGIなどから資金調達(03/21)

グラブ、後払い決済など金融サービス拡充(03/21)

PSA、ポーランドのコンテナターミナル取得(03/21)

車両購入権価格、二輪車のみ値下がり(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン