株価反落、米朝首脳会談で不安定な値動き

12日のシンガポールの株式相場は反落。ST指数の終値は前日比11.00ポイント(0.32%)安の3,430.69。売買高は16億8,600万株、売買代金は9億6,790万Sドル(約800億円)だった。値上がり銘柄は155で、値下がりは227。史上初の米朝首脳会談がシンガポールで行われる中、アジアの株…

関連国・地域: 北朝鮮シンガポール米国
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:サッカーのワールドカッ…(06/21)

18年の予測昇給率は3.3% JCCI説明会、雇用法改正も解説(06/21)

車両購入権価格、商用車除き値下がり(06/21)

訪日シンガポール人、5月は15%増加(06/21)

シンガにマンゴー輸出停止、商標権侵害で(06/21)

中小企業の景況感堅調、貿易摩擦など懸念も(06/21)

ペイナウ、8月から法人でも利用可能(06/21)

株価6日ぶり反発、UOB銀は0.5%高(06/21)

LCCスクート、ベルリン直行便を就航(06/21)

EC蝦皮が6億ドルの転換社債、台湾投資強化(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン