ビットトレード、地場企業に経営権譲渡

仮想通貨交換会社のビットトレード(東京都港区)は22日、シンガポールのFXTFアセット・インベストメンツに経営権を譲渡すると発表した。

ビットトレードのロバート・ルーク・コリック会長が74.01%、閏間亮社長が0.99%それぞれ保有する同社株計75%を、FXTFに譲渡する。FXTFはシンガポールの起業家チェン・リェ・メン・エリック氏が率いる。残り25%の持ち分は、外国為替証拠金(FX)取引業者のFXトレード・フィナンシャルが引き続き保有する。

仮想通貨業界は需要拡大に伴い急成長を遂げているものの、急激な価格変動やサイバー攻撃による不測の事態の発生などを受け、リスク管理の必要性が高まっている。ビットトレードは「仮想通貨事業を本格展開するには、内部管理体制やコンプライアンス(法令順守)を一掃充実させ、リスク資本を確保することが重要だ」と説明。豊富な資金力を持つチェン氏の支援を受けることで、経営の安定性を高め、リスク資本の調達先確保や法令順守体制の拡充を図る。またチェン氏がシンガポールを含むアジアで培ってきたフィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)起業家とのネットワークを活用し、事業成長を加速させたい考えだ。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: IT・通信金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

25年には小切手ゼロ社会に 政府、電子決済の普及促進で(06/22)

日東電工、海水淡水化施設の逆浸透膜を受注(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

マイリパブリック、携帯サービスを本格開始(06/22)

デジタル競争力ランク、世界2位に後退(06/22)

米エクソン、新たな2つの生産設備を稼働(06/22)

西部LRT、7月から日曜日の営業再開(06/22)

マイスクエア、携帯決済マイペイを買収(06/22)

上半期にM&A活発化、前年同期比19%増(06/22)

STエンジ、無人車セキュリティーで提携(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン