テイクオフ:インドには世界で唯一と…

インドには世界で唯一とされる手書きの新聞がある。1927年に南部タミルナド州チェンナイで創刊した。現在は創業者の孫が経営しているという。記事は全てウルドゥ語で、毎日2万1,000人が読んでいるそうだ。

「ムサルマン」と呼ばれるその新聞は、イスラム文化に関するニュースを中心に、政治やスポーツなど幅広く掲載している。手書きの記事をネガにして印刷し、販売しているという。かなりの労力が費やされているはずだが、値段は1部当たり1ルピー(約1.6円)以下とかなり手頃だ。

デジタルが発達したことで最新ニュースが絶え間なくネットに流れ、世界では新聞の発行部数が減る一方の現代。インドではこのトレンドに逆行して発行部数は増えている。とはいえ、手書きの新聞は労働人口が多く、人件費も安いインドでこそ可能なのかもしれない。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スズキ、カーケアの販売強化 全国の販売店でブランディング(07/20)

HTC、インド地区幹部が相次ぎ退職か(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

BMWがインド産バイク発売、50万円から(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

二輪車の輸出先、バングラが首位に(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

マヒンドラの小型SUV、来年頭に発売へ(07/20)

国鉄の線路敷設、昨年度は3割減(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン