財閥サンミゲル、1Qは2桁の増収増益

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)が10日に発表した2018年第1四半期(1~3月)の連結決算は、売上高が前年同期比20%増の2,343億ペソ(約4,923億円)、純利益が13%増の156億ペソだった。主要な事業部門が全て2桁増収を達成した。 子会社別では、キリン…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料運輸天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クオリティーはさておき…(09/25)

三菱の住宅合弁が販売拡大へ 5年で1千億円超、地方も(09/25)

イートン、マカティで複合開発(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

ADB、21年までに78億米ドルを融資(09/25)

OFW渡航者数、昨年は200万人割れ(09/25)

法人税減税も歳入への影響限定的、フィッチ(09/25)

石油貿易、上半期の赤字33%増の6400億円(09/25)

カビテ州空港計画、政府は「一定の距離感」(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン