1~3月成長率6.8%に加速 政府支出と資本形成が2桁成長

フィリピン統計庁(PSA)が10日発表した2018年第1四半期(1~3月)の実質国内総生産(GDP)成長率(速報値)は、前年同期比6.8%だった。前年の6.5%から0.3ポイント加速。政府支出と官民の投資を示す資本形成がそれぞれ2桁伸びた一方、全体の約7割を占める個人消費は、…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

持ち株コスコ、全事業好調で18年は増収増益(15:05)

地場KMC、首都郊外にシェアオフィス拡大(15:32)

テイクオフ:聖週間(ホーリーウイー…(04/23)

財閥10社、18年は15%増収 純利益に明暗、原油高響く(04/23)

資料:18年の財閥および大手複合企業の業績(04/23)

中比合弁の製鉄所建設へ手続き迅速化を指示(04/23)

バナナ輸出協会、日本の検疫強化に懸念(04/23)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(04/23)

農業省、肉過剰受け輸入制限を検討(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン