キャピタランド、ベトナムで幼児教育施設

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドは9日、企業の社会的責任(CSR)活動の一環として、ベトナムで幼児教育施設「キャピタランド・レサー・ホープ・キンダーガルテン」を地元自治体と共同開発したと発表した。 傘下の慈善団体キャピタランド・ホープ財団(CH…

関連国・地域: ベトナムシンガポール
関連業種: 商業・サービス建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自転車シェアサービスの…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

4~6月期のGDP、3.8%増 製造業やサービス業で伸び減速(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

エバラ食品、8月に子会社を設立(07/16)

航空庁、欧州安全機関とドローン安全基準策定(07/16)

【プロの眼】知っておくのは親の義務、帰国子女受験の傾向と対策(07/16)

オロ、クロスフィニティの子会社買収(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン