モンサントのGM種子の特許権、高裁が否定

米国の農薬・種子大手モンサントに、インドで逆風が吹いている。遺伝子組み換え(GM)の綿の種子について、モンサントは特許法で保護されるとの立場だが、デリー高等裁判所が否定的な見解を示し、最高裁判所への異議申し立ても棄却されたためだ。ライブミント(電子版)などが伝…

関連国・地域: インド米国
関連業種: 化学・石化農林・水産政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニューデリー周辺はこの…(05/22)

航空会社は「価格より質」 ネット調査、1位はビスタラ(05/22)

NTTデータ、地場と3D地図作成で合意(05/22)

国営通信、サービス向上に19億ルピー投資(05/22)

住商、特殊鋼ムカンド子会社に200億円出資(05/22)

鉄鋼JSW、イタリアの同業買収(05/22)

電動二輪アザー、南部に60カ所の充電施設(05/22)

複合アダニ、電動バスの生産を計画(05/22)

二輪UMロヒア、ハイデラバードに新工場(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン