モンサントのGM種子の特許権、高裁が否定

米国の農薬・種子大手モンサントに、インドで逆風が吹いている。遺伝子組み換え(GM)の綿の種子について、モンサントは特許法で保護されるとの立場だが、デリー高等裁判所が否定的な見解を示し、最高裁判所への異議申し立ても棄却されたためだ。ライブミント(電子版)などが伝…

関連国・地域: インド米国
関連業種: 化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国映画初のパルムドー…(12/10)

日本の地方企業が人材獲得 多様なニーズ、課題は語学(12/10)

オリックス、インド調査会社のサービス販売(12/10)

マルチスズキの乗用車生産、10カ月ぶり増加(12/10)

ベトジェット、ニューデリー線を就航(12/10)

BS6対応の二輪車、値上げ幅は最大14%(12/10)

ヤマハ発、BS6対応のスポーツバイク発売(12/10)

オフハイウエーのタイヤ工場、グ州で整備中(12/10)

地場電機、中国ブランド携帯の受託生産検討(12/10)

スーラトの都市高速鉄道、来年6月着工(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン