モンサントのGM種子の特許権、高裁が否定

米国の農薬・種子大手モンサントに、インドで逆風が吹いている。遺伝子組み換え(GM)の綿の種子について、モンサントは特許法で保護されるとの立場だが、デリー高等裁判所が否定的な見解を示し、最高裁判所への異議申し立ても棄却されたためだ。ライブミント(電子版)などが伝…

関連国・地域: インド米国
関連業種: 化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドに到着してはや3…(05/22)

現代自「ベニュー」世界初投入 小型SUVの需要取り込み(05/22)

マルチ・スズキを調査、値引き制限の疑い(05/22)

タタ決算、JLR不振で2882億ルピーの赤字(05/22)

車部品メーカー、ロイヤルを特許侵害で提訴(05/22)

商用車アショク、テスラとの協業に前向き(05/22)

自賠責保険料、当局が引き上げを提案(05/22)

双日、ベンガルールに新規事業開発拠点(05/22)

複合リライアンス、売上高でも国内首位に(05/22)

キログラム再定義の国際決議、インドが採択(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン