モンサントのGM種子の特許権、高裁が否定

米国の農薬・種子大手モンサントに、インドで逆風が吹いている。遺伝子組み換え(GM)の綿の種子について、モンサントは特許法で保護されるとの立場だが、デリー高等裁判所が否定的な見解を示し、最高裁判所への異議申し立ても棄却されたためだ。ライブミント(電子版)などが伝…

関連国・地域: インド米国
関連業種: 化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スタートアップを含む多…(04/14)

ソーシャルコマースに熱視線 投資拡大、ミーショが急成長(04/14)

車部品シャルダ、UP州の工場を月末で閉鎖(04/14)

マヒンドラ、南アで部品用の新倉庫開所(04/14)

西部プネの工業地帯、酸素不足が深刻化(04/14)

金属容器業界、原材料調達に難渋(04/14)

ベトナム、印から輸入するコメの品種を拡大(04/14)

砂糖産業の補助金、WTOで加盟国が問題視(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン