【リーダーに聞く】日本の技術で地域を面開発 長大、運営ノウハウ逆輸入へ

建設コンサルタントの長大は、フィリピン南部のミンダナオ島ブトゥアン市を含むカラガ地方で、地元自治体、企業との官民連携(PPP)により、日本の技術を使い総額1,400億円規模の事業群を進めている。設計業務だけでなく、地域全体を面的に開発する計画に事業主体として参画する…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

LCCのセブ航空、4月にセブ―上海便就航(19:28)

メラルコ、クラークの配電網整備に21億円(19:28)

マニラウオーターの新ダム、22年稼働目標(19:28)

テイクオフ:フィリピンでは、199…(03/26)

大塚製薬、SEAゲーム協賛 アジア大会に続きポカリ認知強化(03/26)

農林中央金庫、商銀大手BDOと業務提携(03/26)

25日為替:$1=52.520ペソ(↓)(03/26)

財閥SMの税還付申立て、請求額減額の判決(03/26)

フィリピン航空、デリー直行便の運航延期(03/26)

日産現法、4月1日から新社長に名嶋氏(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン