• 印刷する

商業省、コショウ産業振興政策を策定

カンボジア商業省は、関係機関と海外の専門家が密接に協力しながら、コショウ産業の振興政策を策定している。カンボジア星洲日報(電子版)が伝えた。

振興政策では、調和の取れたコショウ貿易成長の促進、生産・物流コストの抑制、栽培技術支援、市場の信頼性向上、品質向上などに取り組んでいる。

商業省の集計によると、カンボジア国内のコショウ栽培面積は19州の約6,674ヘクタール。うちカンポット州産とケップ州産のコショウは、欧州連合(EU)で地理的表示(GI)保護の対象として認められている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

7社にハラル認証付与 商業省、食品製造・飲食店に(10/18)

カンボジアの競争力、110位に後退(10/18)

1~9月の建設認可48億ドル、建設省(10/18)

EU、越との木材協定は合法貿易促進(10/18)

格差縮小指数121位に後退、オックスファム(10/18)

クラチエ州、村の違法金採掘を警告(10/18)

カンボジアとタイ、海洋観光で協力(10/18)

観光業界、インドネシアとの直行便要望(10/18)

世界遺産地区に巨大リゾート 米系ソンサー、2.5億ドル投資(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン