【アジアの名門大学】老舗印刷会社がデジタル事業に挑戦 わが社にIIT卒業生がやってきた!

左から東日印刷の岩本好司・総合企画室次長、アガラワル・ゴパールさん、シンデー・ラヴさん。新組織T―NEXTの部署の前で。「込み入った話は日⇔英の翻訳アプリで会話します」(岩本氏)

左から東日印刷の岩本好司・総合企画室次長、アガラワル・ゴパールさん、シンデー・ラヴさん。新組織T―NEXTの部署の前で。「込み入った話は日⇔英の翻訳アプリで会話します」(岩本氏)

毎年、100万人近い新卒エンジニアが輩出されるというIT大国インド。インド工科大学(IIT)の卒業生を正規採用し、新規事業に挑む東京の印刷会社を直撃した。

1952年に創業し、現在は毎日新聞グループの中核企業として新聞印刷を手掛ける東日印刷(東京都江東区)。従業員数351人の同社に昨年9月、初の外国籍社員としてインド工科大学(IIT)出身のソフトウェアエンジニアが入社した。

アガラワル・ゴパール(23歳)さんはIITマンディ校、シンデー・ラヴ(22歳)さんはIITロパール校の出身で、2人とも最難関コースといわれるコンピューターサイエンスを専攻した。「以前から日本や日本の製造業に対して良いイメージを持っていました」とゴパールさん。ラヴさんも「学生時代にトヨタの『かんばん方式』に関する本を読み、効率化された日本人の働き方に感銘を受けました」と好印象を持っていたと語るが、「特に日本との接点はありませんでした」と2人。そんな彼らと東日印刷を結びつけたのが、ウェブ業界専門の人材派遣会社、ウェブスタッフ(東京都渋谷区)の人材採用事業。IITの学生を2カ月間、インターンシップ生として日本に誘致し、各企業で就業体験をさせるサービスだった。

東日印刷で総合企画室次長を務める岩本好司氏は、2014年に立ちあがった新規事業グループで、WEB推進チームを結成した流れでこのサービスを知ったという。「私自身はインドやIITについて特に詳しくはなかったのですが、優秀な大学の在校生と一緒に仕事ができるのは面白そうだと思い、人事部に話をしました」と振り返る。ただ、同社では外国籍スタッフの採用事例がなく、「却下されると思っていた」ところすんなりと許可が下りた。「ちょうどその頃、人事部の社員の間で『きっと、うまくいく』というIITを題材にした映画が流行っていたんです。それでIITの学生がいかに優秀かということを知っていて、導入段階から前向きに動いてくれました」と語る。

一方、大学で行われたインターンシップの説明会でこのサービスの存在を知ったというゴパールさんとラヴさん。海外で就業体験をしてみたいと参加を決意し、16年夏に来日。東日印刷で2カ月間インターンシップ生として働いた。

■「会社の財産になる」

その間、岩本氏が2人に任せたのが社内スケジューラーの開発。短い時間では難しいと思われていたプロジェクトだったが、2人は見事に達成した。当初は、正規採用までは考えていなかったという岩本氏。だが、成果物のクオリティーの高さは目を見張るものがあり、「IIT学生を正社員として迎え入れることができたら、東日印刷の財産になるのでは」という声が社内外から上がったという。帰国後、2人に正規採用の打診をしたところ快諾。そこから1年後の17年9月に正社員として迎えた。

ゴパールさん(右)はパンジャブ州アムリトサル出身。ラヴさん(左)はマハラシュトラ州ムンバイ出身。2人とも日本語はまだ片言。「しばらくは日本で働き、AIを活用したアプリケーションを開発したい」(ゴパールさん)、「機械学習とAIの研究を続けたい」(ラヴさん)

ゴパールさん(右)はパンジャブ州アムリトサル出身。ラヴさん(左)はマハラシュトラ州ムンバイ出身。2人とも日本語はまだ片言。「しばらくは日本で働き、AIを活用したアプリケーションを開発したい」(ゴパールさん)、「機械学習とAIの研究を続けたい」(ラヴさん)

この春に組織変更し「T―NEXT」という名称になった新しい部署で、ソフトウェアやアプリケーションの開発を担当している2人。岩本氏は「彼らはIITで人工知能(AI)なども勉強しているので、開発においてさまざまな挑戦ができると思います。将来的には商品化して外販していきたい」と期待を寄せる。

ゴパールさんとラヴさんも、「日本のIT分野はインドと比べても少し遅れているのは事実ですが、自分の技術が発展につながるという意味で、日本で働くことはいい挑戦になります」と意欲を見せている。

東日印刷では17年夏もIITのインターンシップ生を2人受け入れ、今年は5月から4人を受け入れる予定だ。そのうち数人を19年度に正規採用し、事業を拡大していきたいと岩本氏は語る。「IITにこだわるのは、優秀だからというのはもちろんですが、インドという国で競争に勝ち抜くため、勉強に身を捧げてきた人たちなので、背負っているものが違うと感じるから。彼らをしっかりサポートし、エンジニアとしてスキルアップできる環境を提供していきたいと考えています」。

■企業が学校訪問、“優秀な頭脳”に直接ラブコール

インドの就活事情

IITロパール校を訪問し、採用企業として紹介され挨拶する東日印刷・岩本氏(同氏提供)

IITロパール校を訪問し、採用企業として紹介され挨拶する東日印刷・岩本氏(同氏提供)

インドの主要大学では、就職希望の大学生は3年次に校内で行われる企業との面接に挑むのが一般的。これはオン・キャンパス・リクルーティングと呼ばれ、毎年12月1日が解禁日となる。大学の就職課が業績などを基に企業をランク付けし、ランクが高いほど早い時間帯の面接枠が割り当てられる。当日、企業は説明会、試験、面接を実施し、即日に内定を出すのが一般的。学生は、複数の内定をもらえる日本と違い、1社から内定をもらった段階で就職活動は終了となる。米グーグルやフェイスブック、韓国サムスン電子のほか、最近では米アップルがIIT生の採用を始めるなど、優秀な人材を巡り世界的企業が熾烈な競争を繰り広げている。インターンシップサービスを通じ、事前に内定を出す例もあり、東日印刷も早期獲得に成功した。

※特集「NNAカンパサール特集・アジアの名門大学」は、アジア経済を観るNNAの新媒体「NNAカンパサール」2018年4月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しました。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 経済一般・統計社会・事件雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ラオス事業家百人の紹介データ、後編を発表(05/21)

【書籍ランキング】5月3日~5月9日(05/21)

ダイキン、エアコン工場稼働 20年までに年間100万台生産へ(05/21)

JICA、洪水対策で提言 外郭環状放水路の優先整備を(05/21)

日系2社、相次ぎセダン発表 トヨタは「ヤリス」をインド初投入(05/21)

豪サイバー攻撃、教育が標的 26%で最多、IT部門上回る(05/21)

サンキョウホーム、京阪不動産とコンド開発(05/21)

17年度の日本との貿易額、前年度比5.4%減(05/21)

イクシスLNGの費用、予算を80億$超過へ(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン