• 印刷する

伊造船企、豪に民間船管理施設の設置計画

イタリアの造船会社フィンカンティエリが、国際クルーズ船の補修管理施設をオーストラリアに設置することを計画していることが分かった。同社がオーストラリア海軍の次期フリゲート艦9隻の建造を落札した場合、国防と民間にまたがる造船部門で、オーストラリアの新規雇用が拡大する見込みだ。16日付オーストラリアンが伝えた。

フィンカンティエリのマッソロ会長は「南半球を航行するクルーズ船が多い。補修管理施設の増加は関連企業に恩恵をもたらすが、オーストラリアには該当する施設が現在ない」と述べた。

オーストラリア海軍は、予算350億豪ドル(約2兆9,200億円)で2020年から次期フリゲート艦9隻の建造を始めたい考え。今年前半に落札企業が発表される予定の設計入札には、フィンカンティエリのほか、英BAEシステムズとスペインのナバンティアが応札している。

■F35戦闘機で部品不足か

オーストラリア空軍(RAAF)が導入する、米軍需大手ロッキード・マーティンの次世代ステルス戦闘機「F-35AライトニングII」について、関連部品が不足していることが分かった。パイロットの酸素マスクを留めるクリップなど重要でない部品でも交換まで2週間がかかるなど、部品不足が深刻だという。

オーストラリア国防軍は23年までに、170億豪ドルで同機種を72機導入する計画だ。オーストラリア企業によるF35関連部品の受注総額は、10億豪ドル以上となっている。

■軍事用ドローン、豪企が開発

ニューサウスウェールズ州セントラルコーストの航空サービス系スタートアップ企業、JARアエロスペースは、軍事用ドローンの開発で連邦政府から27万5,000豪ドルの補助金を獲得した。連邦政府は、製品開発後の海外輸出を前提とし、オーストラリア陸軍に対して6億4,000万豪ドルの予算を割り当て、国防関連企業との提携を進めている。


関連国・地域: オーストラリア米国欧州
関連業種: その他製造運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで住宅市…(12/10)

豪州、世界最大LNG輸出国に イクシスが貢献、カタール抜く(12/10)

ヤン州煤業、ヤンコールの株式放出を検討か(12/10)

SA州の蓄電施設、初年度に予想上回る成果(12/10)

華為、豪経由海底ケーブルで通信傍受?(12/10)

通信アクセス法、与野党支持で可決(12/10)

〔政治スポットライト〕R&D税控除プログラム、総選挙の争点に(12/10)

Basiq、銀行取引データで自動的に融資審査(12/10)

保険フリーダム、不正販売で株価94%下落(12/10)

会社法違反の罰金、野党が上限撤廃を模索(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン