• 印刷する

18年の経済成長率、世銀が6.5%に上方修正

世界銀行は、12日に発表した日本などの先進国を除く東アジア・太平洋地域の経済見通しで、ベトナムの2018年の国内総生産(GDP)成長率を6.5%とし、前回17年10月から0.1ポイント上方修正した。19年と20年も6.5%と予測している。

世銀は、ベトナムのマクロ経済は中期的に安定・成長するとみている。世界経済が順調に回復していることから、短期的に急成長する可能性もあると予測。インフレ率も安定的に推移し、賃金上昇が国が価格を統制している医療や教育関連を除いた物価上昇(コアインフレ)を促すと予測している。また、輸出や外国直接投資(FDI)流入の拡大が国際収支の改善につながるとの見通しだ。

一方で、国内の構造改革の遅れや、財政再建の過程における貧困削減、人材育成、物的資本への投資の縮小、保護貿易や世界的な需要縮小による貿易への影響が、経済成長のリスクや課題になると指摘している。

ベトナムの第1四半期(1~3月)のGDP実質成長率は前年同期比7.38%に達し、第1四半期の成長率としては過去10年で最大を記録。18年のGDP成長率について、米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは6.7%、ベトナム国家金融監督委員会(NFSC)は6.9~7.1%、ハノイ国家大学経済政策研究所(VEPR)のマクロ経済研究グループは6.83%とそれぞれ予測している。

■ASEAN8カ国の平均は5.4%

世銀は、東南アジア諸国連合(ASEAN)新興8カ国(フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマー)の平均GDP成長率は、18年から20年まで5.4%を維持すると予測。ASEAN新興8カ国に、中国、モンゴル、フィジー、パプアニューギニア、ソロモン諸島、東ティモールを加えた東アジア・太平洋地域全体の18年の平均成長率は6.3%と、前回予想から0.1ポイント引き上げた。19年は6.1%、20年は6.0%と予測している。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

電動バイクのペガ、キューバ向け輸出を開始(07/09)

自動車登録料の半減策、販売増に効果(07/09)

南部の工業不動産、4~6月に賃料上昇(07/09)

トランスコスモスが第2拠点(07/09)

IFC、フーミーフンに80億円のコロナ融資(07/09)

越IT企業が日本法人設立=ジェトロ支援(07/09)

大容量海底ケーブルSJC2、21年完成へ(07/09)

東急建設、BIM強化へ海外企業買収(07/09)

ハノイに韓国IT学校開設、人材難解消へ(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン