• 印刷する

中裕のエイズ治療薬、今月中にも米国で発売

エイズ治療薬の研究開発を手掛ける中裕新薬(タイメッド・バイオロジクス、TMB)は11日、同社のエイズ治療薬「TMB―355」が早ければ今月中に米国で発売できるとの見通しを示した。既に数千本の出荷準備を完了したという。

12日付経済日報が伝えた。中裕によると、米国とカナダでTMB―355の独占販売権を持つカナダの製薬開発企業、セーラ・テクノロジーズから近く受注する見通し。

証券筋によると、TMB―355の売上高は販売初年度で100億台湾元(約366億円)規模に上る可能性があるという。中裕は「国際的な大手企業による過去のエイズ治療薬の販売実績から、売れ行きは発売開始から4年目でピークに達するだろう」とみており、2021年には市場規模15億米ドル(約1,604億円)超が見込まれる。

TMB―355は抗体医薬品として注目されるモノクローナル抗体を活用した新薬で、多剤耐性のある疾病向けの希少疾病医薬品(オーファンドラッグ)「ブレークスルー・セラピー(画期的治療薬)」として米食品医薬品局(FDA)から承認を受けていた。

米での販売に当たって、中裕は16年3月にセーラテクノロジーズと12年間の独占販売ライセンス契約を締結。18年3月には、同治療薬に対する「生物製剤承認申請(BLA)」がFDAから承認され、市販が可能になったと発表していた。


関連国・地域: 台湾米国
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:プリーズシッダウン!台…(01/17)

日本の話題作、台湾でも セガ台湾、台北ゲームショウ出展(01/17)

資策会、華為製品を内部ネットワーク接続禁止(01/17)

南亜科技、19年の資本的支出は半減の100億元(01/17)

18年世界PC出荷量、エイサーとASUSは減少(01/17)

中鋼と仏カルデリス、耐火物の共同実験室(01/17)

星光PMC、粘接着剤の新綜工業を連結子会社化(01/17)

儒鴻、2Qにも苗栗でプリント工場を稼働(01/17)

台北駅「双子星」開発、国民党系企業が横やり(01/17)

台船、高雄に洋上風力発電向けふ頭(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン