中国恒大、ハイテク分野に1000億元投資へ

深セン市に本拠を構えるデベロッパー大手の中国恒大集団(チャイナ・エバーグランド・グループ)は9日、中国政府系の研究機関である中国科学院と提携協定を交わした。中国恒大は中国科学院と共同で人工知能(AI)などのハイテク分野の研究を行い、今後10年で1,000億元(約1兆6…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信化学・石化製造一般農林・水産電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:レストランで清涼飲料水…(05/22)

ブロックチェーンは高成長期 工情省が白書、企業数456社(05/22)

中国カセン、地場アットウッドと資本提携(05/22)

ECの信頼性向上へ、悪質業者の制裁強化(05/22)

鴻海、中国太原工場でiPhone生産向け研修か(05/22)

デリバティブ取引所APEX、25日に開業(05/22)

1~4月の電力消費、9.3%増の2.1兆kWh(05/22)

聯発科技、OPPOミドルレンジ機種向け受注(05/22)

配車サービスの安全強化、企業18社が宣言(05/22)

衛星位置情報市場、17年は2550億元(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン