• 印刷する

シングテルとVMウエア、クラウド事業で提携

シンガポールの通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)は10日、米仮想化ソフト大手ヴイエムウエア(VMウエア)と、アジア太平洋地域で法人顧客向けにクラウドソリューションを提供する覚書を交わした。

両社は、法人顧客がクラウド上で「概念実証(POC)」を簡単に行える仮想サンドボックス「デジタル変革ファウンドリー」をシンガポールで立ち上げる。サンドボックスは、規制の適用を除外して革新的な技術やビジネスモデルの実用化を促す仕組み。顧客がクラウドを活用して生産性向上や事業効率化を図れるよう支援するのが狙いだ。

同様の仮想サンドボックスが国内で創設されるのは初という。まずは、◇自社サーバーでソフトウエアを作動させるプライベートクラウドと、不特定多数が利用できるパブリッククラウドの両方の安全性を管理するサービス◇パブリッククラウドと同様のアジリティー(敏しょう性)やスケーラビリティー(処理能力の拡張性)を持ちながらも安全性の高いクラウドサービス◇複数のクラウド間で相互接続できるハイブリッド・クラウドサービス◇従業員が場所や時間を問わずに仕事ができるよう、業務用の電子機器を相互接続するデジタル・ワークプレース・サービス――の4つを提供する。

今後はオーストラリアや香港でも展開する計画だ。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「去年は日本アルプスに…(01/17)

テック企業のハブに成長へ 金融上回る求人数、グラスドア調査(01/17)

グラスドア、ア太3カ国・地域に進出(01/17)

現代自、グラブにコナEV供給(01/17)

クロスコープ、共用オフィスの提供開始(01/17)

ofoの免許停止を示唆、度重なる違反で(01/17)

ダナン、鉄道建設でシンガポールに支援要請(01/17)

SIA、4月から成田便にA380再投入(01/17)

港湾PSA、18年のコンテナ取扱量は9%増(01/17)

グラブ、中国のネット保険会社と合弁設立(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン