バンコク首都圏の共通乗車券、10月導入へ

タイ運輸省によると、バンコク首都圏の公共交通機関で使用できる共通乗車券「スパイダーカード」の導入時期が計画より4カ月遅れ、今年10月1日になる見通しだ。4日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。 スパイダーカードは首都電車公団(MRTA)が中心になって導入準備を…

関連国・地域: タイ
関連業種: 金融運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:午後10時過ぎにバンコ…(07/22)

コインランドリー市場に勢い 日本企業も参入、都市で需要狙う(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

ディーン&デルーカ、国内100店体制目標(07/22)

郵船ロジが改修倉庫を披露、顧客基盤拡大へ(07/22)

運輸相、空港整備加速に予算配分見直しも(07/22)

ナコンパトムに新空港建設を検討=運輸当局(07/22)

BTS、30分超の遅延で運賃払い戻し(07/22)

ブルーライン延伸区間、29日から試験運行(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン