• 印刷する

〔政治スポットライト〕豪もロシア外交官を国外追放、英暗殺未遂で

オーストラリアのターンブル政権は27日、今月上旬に英国で起きた元ロシア情報機関員ら暗殺未遂事件にロシアが関与したとして、同国の外交官を国外に追放すると発表した。英国がロシアの外交官23人を追放したことに足並みをそろえた形。欧州と米国を含め、これまでに23カ国以上がロシア外交官の国外追放を表明し、対象者は100人を超えている。28日付地元各紙が伝えた。

暗殺未遂事件は4日に英南西部ソールズベリーで発生。旧ソ連が開発した神経剤「ノビチョク」によって襲撃されたロシアの元スパイのセルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリアさん(33)が意識不明の状態で見つかり、現在も入院中という。

ターンブル首相は、元ロシア情報機関員らへの襲撃が「国家の主権に対する無謀な攻撃だ」と批判。オーストラリア国内のロシアの外交官2人に対し、国外退去まで7日間の猶予を与えるとした。

駐オーストラリア・ロシア大使のログビノフ氏は27日夜、オーストラリアの決定に対して「ロシア側がどのような措置を取るか」を「公表したいとは思わない」と述べている。

オーストラリアの情報機関筋は、外交官の追放を受け、ロシアがひそかにサイバー攻撃を仕掛ける可能性があると述べている。

■サッカーW杯、政府要人不参加も

ビショップ外相は、今年6月にロシアで開催されるサッカー・ワールドカップ(W杯)に政府関係者を出席させないことも検討すると述べた。ただし、選手がW杯をボイコットすることはないとしている。


関連国・地域: オーストラリアロシア米国欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリア製食品な…(07/14)

コロナ打撃大きい業界を支援 給与支援策を変更、詳細は23日か(07/14)

規制緩和で雇用市場回復も、業界や地域で差(07/14)

政府、低所得者向けに2回目の一時給付金(07/14)

VIC首相「感染増も州内全域封鎖しない」(07/14)

SA首相、NSWとACTの入境禁止継続検討(07/14)

豪航空3社の空港手数料、滞納額1700万$に(07/14)

〔ポッサムのつぶやき〕旅行に行くならQLD州のビーチ!=調査(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン