• 印刷する

現代自労組「屈辱的」、FTA再交渉の結果

韓国の現代自動車の労働組合は27日、韓国と米国の両政府が自由貿易協定(FTA)の再交渉で大筋合意した内容について、「屈辱的だ」との公式見解を発表した。韓国産ピックアップトラックに対する25%の関税撤廃期限を従来の2021年から41年に延長することが決まったためだ。

現代自はこのところの米国市場での販売不振の原因として、「セダン頼み」と「スポーツタイプ多目的車(SUV)のラインアップ不足」を挙げる。現状打開に向けた対策の1つとして、米ピックアップトラック市場への進出を計画していただけに、今回の再交渉の内容に対し労組は失望を隠せないようだ。労組は声明文で、「ピックアップトラック市場に進出する可能性を事前に防ごうとするトランプ大統領の戦略に屈した」と説明している。

一方、ソウル経済新聞は、現代自が米アラバマ工場でのピックアップトラックの製造を決定したと報じた。しかし、同社広報担当者はNNAの取材に対し、「決定していることは何もない」と話した。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

サムスンのバイオ医薬品、米当局が販売承認(13:23)

テイクオフ:南北合同チーム「コリア…(01/21)

燃料電池車を620万台生産 2040年まで、水素経済実現目指す(01/21)

不二越に賠償判決、挺身隊動員でソウル高裁(01/21)

23日に日韓外相会談、徴用工訴訟の対応協議か(01/21)

三菱重工に協議申し入れ、原告の元徴用工(01/21)

18年ICT輸出が過去最高、伸び率は減速(01/21)

SKハイニックス、社内アイデアを事業化へ(01/21)

韓国のICT貿易、中国・ベトナムが好調(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン