現代自労組「屈辱的」、FTA再交渉の結果

韓国の現代自動車の労働組合は27日、韓国と米国の両政府が自由貿易協定(FTA)の再交渉で大筋合意した内容について、「屈辱的だ」との公式見解を発表した。韓国産ピックアップトラックに対する25%の関税撤廃期限を従来の2021年から41年に延長することが決まったためだ。

現代自はこのところの米国市場での販売不振の原因として、「セダン頼み」と「スポーツタイプ多目的車(SUV)のラインアップ不足」を挙げる。現状打開に向けた対策の1つとして、米ピックアップトラック市場への進出を計画していただけに、今回の再交渉の内容に対し労組は失望を隠せないようだ。労組は声明文で、「ピックアップトラック市場に進出する可能性を事前に防ごうとするトランプ大統領の戦略に屈した」と説明している。

一方、ソウル経済新聞は、現代自が米アラバマ工場でのピックアップトラックの製造を決定したと報じた。しかし、同社広報担当者はNNAの取材に対し、「決定していることは何もない」と話した。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車政治

その他記事

すべての文頭を開く

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(06/22)

米ロボット開発企業に出資、LG電子(06/22)

現代自がアウディと提携 FCVの開発加速、特許を共有(06/22)

ムーディーズ、サムスン電子格付け引き上げ(06/22)

最低賃金引き上げ、類例ない水準=OECD(06/22)

ベトジェット、韓国大邱―ダナン線就航へ(06/22)

公取委の企業調査・再就職不正、検察が捜査(06/22)

LGイノ、自社半導体をカーシート向け供給(06/22)

錦湖石化、手術用ゴム手袋の原料を増産(06/22)

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン