• 印刷する

騰訊の筆頭株主、一部株式を769億$で売却

香港上場で、中国本土のIT大手、騰訊(テンセント)は23日朝、筆頭株主である南アフリカのメディア企業ナスパーズが、騰訊株の約2%を売却したと発表した。売却額は769億4,121万HKドル(約1兆300億円)で、ナスパーズが騰訊株を売却したのは出資後初めて。

ナスパーズの騰訊への出資比率は約33.17%から約31.17%に減少。筆頭株主の地位は維持する。ナスパーズは「少なくとも向こう3年は追加売却をしない」と説明した。

信報などによると、ナスパーズは2001年5月、ITバブル崩壊で経営難に陥っていた騰訊に46.4%を出資。騰訊の上場に伴い出資比率は33.17%に希薄化した。出資額は香港ドル換算で約3億HKドルだった。配当を除く利回りは4,700倍に拡大した。

ナスパーズは南アのヨハネスブルク証券取引所に上場する。時価総額は香港ドル換算で約9,450億HKドル。


関連国・地域: 中国香港アフリカ
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港島セントラル(中環…(10/24)

港珠澳大橋の開通式典を開催 習国家主席が主宰(10/24)

港珠澳大橋、きょう開通 珠江西側の日系企業に物流で恩恵(10/24)

高速鉄道の1日利用5万人、予測4割下回る(10/24)

〔政治スポットライト〕与党補選敗退、香港企のAPA買収困難に(10/24)

香港輸出4Qに悪化か、貿易摩擦影響大きく(10/24)

香港でセミナー開催、投資拡大を呼び掛け(10/24)

電子企業、本土工場の移転検討=貿易戦で(10/24)

ウィーチャットペイ、セブンなど600店で導入(10/24)

貿易戦回避へ会合、貨物分類を提言=貿発局(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン