• 印刷する

騰訊の筆頭株主、一部株式を769億$で売却

香港上場で、中国本土のIT大手、騰訊(テンセント)は23日朝、筆頭株主である南アフリカのメディア企業ナスパーズが、騰訊株の約2%を売却したと発表した。売却額は769億4,121万HKドル(約1兆300億円)で、ナスパーズが騰訊株を売却したのは出資後初めて。

ナスパーズの騰訊への出資比率は約33.17%から約31.17%に減少。筆頭株主の地位は維持する。ナスパーズは「少なくとも向こう3年は追加売却をしない」と説明した。

信報などによると、ナスパーズは2001年5月、ITバブル崩壊で経営難に陥っていた騰訊に46.4%を出資。騰訊の上場に伴い出資比率は33.17%に希薄化した。出資額は香港ドル換算で約3億HKドルだった。配当を除く利回りは4,700倍に拡大した。

ナスパーズは南アのヨハネスブルク証券取引所に上場する。時価総額は香港ドル換算で約9,450億HKドル。


関連国・地域: 中国香港アフリカ
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもたちは夏休み真っ…(08/20)

深セン新政策、「金融で脱香港依存」の指摘(08/20)

トランプ氏、天安門言及=中国の武力介入けん制(08/20)

中国、トランプ氏に「内政問題」と反発(08/20)

18日デモ、170万人が参加 主催者発表、改正案撤回求め(08/20)

金融当局、銀行界などにデモ影響を聞き取り(08/20)

大中華圏の利益が5年で3倍、OCBC銀(08/20)

テンセント出資の仮想銀、数十商品を準備(08/20)

平安保険、仮想銀は技術力で差別化(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン