ティラワSEZ、21年にインフラ完成見通し

日本の官民が参画するミャンマー最大都市ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)のインフラ整備が、2021年までに完了する見通しだ。ミャンマー・タイムズ(電子版)が12日伝えた。 ティラワ経済特区管理委員会(TSMC)と日本の関係者が、先ごろ開いた記者会見で、道路や橋…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー軍が「主犯」、国連人権理報告書(18:15)

経済界、景気低迷で減税を要求(18:35)

MPTの高速通信、カバーエリア300郡区に(18:35)

障害者の就業を日本が支援 ミャンマー、社会参加促す(09/18)

【予定】18日 南北首脳会談ほか(09/18)

米クリスピー・クリーム、1号店を開業(09/18)

介護実習生、日本に派遣へ=ミャンマー(09/18)

印支援のシットウェ港、12月に引き渡しへ(09/18)

ロイター記者の解放求め、ヤンゴンでデモ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン