持続可能な開発モデルに、深センなど3都市

中国国務院(中央政府)は24日、深セン、広西チワン族自治区桂林、山西省太原の3都市を「持続可能な開発のためのアジェンダの革新モデル区」とすることを発表した。環境や資源などそれぞれの都市が抱える問題を解決し、他都市にも応用できる持続可能な開発モデルの構築を模索する…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

横琴新区とアリババ、街のスマート化で協力(14:06)

鴻海、中国太原工場でiPhone生産向け研修か(21:30)

水源地の保護を徹底、政府が全国査察(17:51)

テイクオフ:5月18日は「国際博物…(05/21)

ラオス中国鉄道、影響住民への補償承認(05/21)

観光客減で12億米ドル損失も 政府と業界、テロの影響に懸念(05/21)

オフショア元の流動性改善へ 人民銀が新措置、市場で期待の声(05/21)

中国、米国からの輸入拡大へ 両国が合意、数値目標は未設定(05/21)

鴻海・郭董事長、半導体の自社製造に意欲(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン