• 印刷する

米が貿易救済調査、中国などの輪ゴムに

米商務省は現地時間21日、中国などから輸入する輪ゴムに対し、反ダンピング(不当廉売、AD)関税措置と補助金相殺関税措置に向けた調査を開始すると発表した。中国商務省によると、米国が中国製品に対して貿易救済調査を仕掛けるのは今年に入り4件目という。

中国のほかスリランカ、タイの製品も対象となる。輪ゴムの製販を手掛ける米アライアンス・ラバー・カンパニーが調査を申請した。同社は、中国産のダンピングマージンが27.27%になると主張している。

今後は米商務省の調査と並行し、独立機関である米国際貿易委員会(ITC)も独自の調査を行い、米国内産業が実質的な損害を受けたかどうかの仮判断を3月16日をめどに下す。米商務省はITCの判断を受け、相殺関税調査は4月、AD調査については7月に仮決定を行う予定だ。


関連国・地域: 中国-全国タイスリランカ米国
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン