• 印刷する

米が貿易救済調査、中国などの輪ゴムに

米商務省は現地時間21日、中国などから輸入する輪ゴムに対し、反ダンピング(不当廉売、AD)関税措置と補助金相殺関税措置に向けた調査を開始すると発表した。中国商務省によると、米国が中国製品に対して貿易救済調査を仕掛けるのは今年に入り4件目という。

中国のほかスリランカ、タイの製品も対象となる。輪ゴムの製販を手掛ける米アライアンス・ラバー・カンパニーが調査を申請した。同社は、中国産のダンピングマージンが27.27%になると主張している。

今後は米商務省の調査と並行し、独立機関である米国際貿易委員会(ITC)も独自の調査を行い、米国内産業が実質的な損害を受けたかどうかの仮判断を3月16日をめどに下す。米商務省はITCの判断を受け、相殺関税調査は4月、AD調査については7月に仮決定を行う予定だ。


関連国・地域: 中国-全国タイスリランカ米国
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

テイクオフ:「いまの治安についてど…(10/16)

消費拡大で各方面へ号令 政府が3年計画、車・環境など(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

ラビダが11カ月連続首位、9月のセダン販売(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

中央企業売上高、1~9月は11%増の21兆元(10/16)

日米のヨウ化水素酸、AD措置を正式決定(10/16)

産業用PC各社、台湾生産強化へ(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン