住商のスマートシティ開発、投資認可まだ

住友商事は21日、NNAに対し、一部で報道されたハノイでのスマートシティ(環境配慮型都市)開発について「開発を検討していることは事実だが、投資認可は下りていない」と説明した。 報道では、住友商事や三菱重工業など20社以上と経済産業省が参画し、日本の官民が一体となっ…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

バリアブンタウ省へ投資拡大 地方からの経済発展、日本が支援(06/27)

マイリンウィラー、日本語対応の配車アプリ(06/27)

バンブー航空、航空スタッフ養成学校を創設(06/27)

ペトロベトナム、フン副社長が新社長に(06/27)

チバイ港ガスタンク、サムスンC&Tが受注(06/27)

韓国化粧品会社、年内に越へ店舗展開へ(06/27)

ティエンフォンプラ、890億ドン無償増資(06/27)

国産偽造のアサンゾ、商工省が査察へ(06/27)

荒川化学、製紙用薬品の工場立ち上げへ(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン