イオン系が電子マネー参入 まずモール内、初年度10万人目標

イオンフィナンシャルサービスは、カンボジアで電子マネー事業に参入する。4月下旬からまずイオンモール内で利用できるようにし、初年度に約10万人の利用を目指す。同国では銀行口座を保有している人の割合が低く、現金を持ち歩くことが多い。電子化することで、消費者の買い物の…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

40経済団体、EU制裁手続きに「深い懸念」(20:03)

広州粤泰が物件販売強化 6億ドル収入目標、新規開発も(01/22)

輸出手続きの簡素化、政府は6千万ドル減収(01/22)

ワールドブリッジ、貴重品輸送で米社と提携(01/22)

18年の税収、13.4%増の約22億ドル(01/22)

地場アモリー、首都北部で連棟型住宅を開発(01/22)

郵政省、中小企業支援で業界の課題など調査(01/22)

不動産詐欺、登記や開発案件の有無に注意を(01/22)

カンボジアなどに20年で17校寄贈、自民有志(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン