【ラオス経済通信】最低賃金を110万キープへ、5月から施行か 第122回

1月26日労働社会福祉省、労働組合連盟、商工会議所の3者会議が開催され、カムペング労働大臣、シームン・ウンラシー労働組合連盟副主席、ワントング・シティクン商工会議所副会頭らが出席した。同会議は、最低賃金協議の最終会で、労働組合からは120万キープ(33%増、約1万5,30…

関連国・地域: ミャンマーラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

パクライ水力発電所、6カ月の事前調査開始(08/15)

HAGL再建、政府介入の影 Thacoの支援で破綻回避へ(08/15)

ダム決壊の死者数36人に、行方不明なお98人(08/14)

ダム決壊の被災者支援、仮設住宅の建設進む(08/13)

20年以降に電力危機再来も、商工次官(08/13)

南方電網、ラオスと送電事業で覚書(08/13)

JALUXと豊通、首都空港の運営契約延長(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン