【ラオス経済通信】最低賃金を110万キープへ、5月から施行か 第122回

1月26日労働社会福祉省、労働組合連盟、商工会議所の3者会議が開催され、カムペング労働大臣、シームン・ウンラシー労働組合連盟副主席、ワントング・シティクン商工会議所副会頭らが出席した。同会議は、最低賃金協議の最終会で、労働組合からは120万キープ(33%増、約1万5,30…

関連国・地域: ミャンマーラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

仮想通貨取引所、2カ所が運営開始へ(01/24)

【学びの機会】第2回 帰国生入試だけではない(01/24)

一部の農産物や畜産品、政府が輸入を禁止(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

20日はコロナ感染901人、死者1人(01/21)

タイ産米、中老鉄路を通じて中国に初輸出(01/21)

19日はコロナ感染1281人、死者7人(01/20)

歳入拡大で財政赤字縮小へ、ラオス政府(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン