再エネの州間送電料免除、22年まで延長

インド電力省は13日付で通達を出し、風力発電と太陽光発電を対象とする州間送電網の使用料の免除措置を延長した。2022年3月末までに運用段階に入った事業が対象となる。 従来の運用開始の期限は、風力発電が19年3月末、太陽光発電が同年12月末だった。免除期間は25年間。発電事…

関連国・地域: インド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドで電子商取引(E…(12/17)

テクノプロ、海外展開を加速 ヘリウス買収などで相乗効果期待(12/17)

交通事故防止で車業界が一丸 事故分析や規制強化に政府も本腰(12/17)

伊二輪ドゥカティ、印の中古車市場に参入(12/17)

二輪TVS、ペルー市場に3モデル投入(12/17)

チェコ二輪「ヤワ」、再参入後初の販売店(12/17)

マヒンドラ、eリキシャのスマートEと提携(12/17)

インド支援の農業教育研究センターが開所(12/17)

「バイクタクシーは合法」、政府が表明(12/17)

日立、備品調達子会社を印IT社などに売却(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン