• 印刷する

マニラ水道がタイ進出、同業に19%出資

マニラ首都圏東部などで水道事業を手掛けるアヤラ財閥系マニラ・ウオーター(MWCI)は19日、タイの同業イースタンウオーター・リソーシズ・デベロップメント・アンド・マネジメント(イースト・ウオーター)の株式18.72%を取得すると発表した。東南アジアで事業を拡大する戦略の一環で、タイの水道事業に初参入する。

MWCIは同日、株式を保有する同国の民間発電大手エレクトリシティー・ジェネレーティング(EGCO)と契約を締結した。買収額は明らかにしていない。支払いには手元資金と銀行借り入れを充てる予定だ。

イースト・ウオーターは、経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」に指定されるチョンブリ、ラヨーン、チャチュンサオの3県にある計11カ所で、工業団地向けに原水・水道水を供給している。MWCIは、EECへの投資拡大が見込まれ、事業の将来性が高いと判断した。

MWCIは、ホーチミン市の水道事業者などベトナムの3社に出資するほか、インドネシアの西ジャワ州バンドン市で盗水などで水道料金が回収できない無収水(NRW)の削減、ミャンマーのヤンゴン市では漏水削減に関するパイロット事業を実施し、本格参入の機会をうかがっている。


関連国・地域: タイフィリピン
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日曜夜のオフィス、外の…(01/22)

鉄道2案件に1兆円支援へ 南北鉄道延伸、円借款第1弾契約(01/22)

PAL、サングレー空港の開発促進を要望(01/22)

比に日本の革新的技術を、4社が事例紹介(01/22)

ITシステム強化など10項目の改革、関税局(01/22)

21日為替:$1=52.800ペソ(↓)(01/22)

不動産センチュリー、クラーク開発に参画へ(01/22)

年内に砂糖の輸入規制を緩和、予算管理相(01/22)

燃料マーキング制度、2月から導入へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン