• 印刷する

国内初のコミュニティーFM、業務開始

ミャンマー最大都市ヤンゴン管区タンタビン郡区のコミュニティーラジオ局「カヤエFMタンタビン」が放送を始めた。国内では初めてのコミュニティーラジオとなる。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが19日伝えた。

毎日午後2~4時に放送、翌日午前8時~同10時に再放送する。周波数は104.8メガヘルツ(MHz)。農業や畜産、医療、教育に関する番組のほか地域のニュースを届ける。

18日に記念式典が開かれ、地元の開発委員会のチョー・テイ委員長とドイツの放送局ドイチェ・ベレ(DW)・アカデミーのミカエル・カーハウセン氏、ミャンマー国営放送MRTVのミン・トゥエ局長の3者が今後の事業推進に向け覚書(MOU)に調印した。

ペー・ミン情報相は、カヤエFMを訓練施設として活用しながら、コミュニティーラジオの放送事業者を増やし、国営メディアの業務を移管する方針を説明。既に少数民族向けのラジオ放送局を既に複数立ち上げたことも明らかにした。

「かつては遠隔地でのラジオ放送は違法だったが、法整備が徐々に進んでいる。カヤエFMの言論の自由に基づく放送は、新たな放送事業者のモデルになるだろう」と話した。

カヤエFMは2017年8月、情報省やMRTV、DWと覚書(MOU)を交わし、ラジオ放送の準備を進めていた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

中銀が無担保ローン認可 利率16%、焦げ付き増える懸念も(01/17)

10~12月貿易額、赤字9.5億ドルに縮小(01/17)

投資サミット、首都で28~29日に開催(01/17)

マンダレー、昨年の火災被害額は3千万円超(01/17)

政府、安全基準満たすヘルメットを輸入へ(01/17)

工業省、電気自動車の生産を奨励(01/17)

ミャンマー、雲南省2カ所でビザセンター(01/17)

ミャンマー特化の投資ファンドが立ち上げ(01/17)

国連など、ラカイン州への支援許可を要請(01/17)

ロヒンギャ解決の糸口見つけたい、阿部副大臣(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン