ウィーチャットペイ、3月に加盟5千店突破

インターネットサービス中国大手の騰訊(テンセント)のモバイル決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」を利用できる店舗が、3月にはフィリピン国内で5,000店を超える見通しだ。テンセントとライセンス契約を締結する、フィリピンの商業銀行アジア・ユナイテッド・バンク(AUB)によると、現時点でホテルやレストランを中心に1,000店で同サービスが利用できる。地元メディアABS―CBNが伝えた。

AUBのマグス・スルティダ・バイス・プレジデント(クレジットカード事業担当)によると、取引数は増加の一途をたどっており、春節(旧正月)中の1日の平均取引数は約2,500件に上った。食事は1回当たり6,000~1万2,000ペソ(約1万2,000~2万4,000円)、買い物は4,000~7,000ペソ相当の取引がある。中国からのフィリピンへの旅行者は18年に100万人を超える見込みで、平均8日間の滞在で、年間480億ペソの売上高が期待できるという。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: IT・通信金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

台湾の彰化銀行、マニラ支店を開業(18:59)

セブンイレブン、来年中に3000店舗展開へ(18:58)

フランチャイズ協会、海外進出2年で倍増も(18:58)

テイクオフ:警察官に憧れたコスプレ…(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

6月の国際収支、赤字が11.8億ドルに拡大(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

家計消費の伸び率、昨年は中ルソンが最高(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン