• 印刷する

ウィーチャットペイ、3月に加盟5千店突破

インターネットサービス中国大手の騰訊(テンセント)のモバイル決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」を利用できる店舗が、3月にはフィリピン国内で5,000店を超える見通しだ。テンセントとライセンス契約を締結する、フィリピンの商業銀行アジア・ユナイテッド・バンク(AUB)によると、現時点でホテルやレストランを中心に1,000店で同サービスが利用できる。地元メディアABS―CBNが伝えた。

AUBのマグス・スルティダ・バイス・プレジデント(クレジットカード事業担当)によると、取引数は増加の一途をたどっており、春節(旧正月)中の1日の平均取引数は約2,500件に上った。食事は1回当たり6,000~1万2,000ペソ(約1万2,000~2万4,000円)、買い物は4,000~7,000ペソ相当の取引がある。中国からのフィリピンへの旅行者は18年に100万人を超える見込みで、平均8日間の滞在で、年間480億ペソの売上高が期待できるという。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏オフィス契約、BPO需要で前年突破(17:38)

セブ不動産、IPO資金で土地拡張(17:38)

飲料屋台のフルータス、2年で店舗数倍増(14:29)

テイクオフ:アラフィフという年のせ…(09/20)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

空港開発4事業で2.8兆円 首都圏の能力7倍、年2.5億人に(09/20)

複合AGI、首都圏モノレール第2弾を検討(09/20)

財閥アヤラ、通販ザロラの物流部門を独立(09/20)

上位中所得国入り、前倒しで来年実現も(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン