• 印刷する

ウィーチャットペイ、3月に加盟5千店突破

インターネットサービス中国大手の騰訊(テンセント)のモバイル決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」を利用できる店舗が、3月にはフィリピン国内で5,000店を超える見通しだ。テンセントとライセンス契約を締結する、フィリピンの商業銀行アジア・ユナイテッド・バンク(AUB)によると、現時点でホテルやレストランを中心に1,000店で同サービスが利用できる。地元メディアABS―CBNが伝えた。

AUBのマグス・スルティダ・バイス・プレジデント(クレジットカード事業担当)によると、取引数は増加の一途をたどっており、春節(旧正月)中の1日の平均取引数は約2,500件に上った。食事は1回当たり6,000~1万2,000ペソ(約1万2,000~2万4,000円)、買い物は4,000~7,000ペソ相当の取引がある。中国からのフィリピンへの旅行者は18年に100万人を超える見込みで、平均8日間の滞在で、年間480億ペソの売上高が期待できるという。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ系消費者金融、来年に顧客7割増計画(12/17)

BOI、バタンガスの油脂化学工場に優遇(12/17)

中銀が政策金利据え置き 6会合ぶり、インフレ率鈍化受け(12/14)

11月新車販売、23%減の3.1万台(12/14)

伊藤忠、ドールの果物かすでバイオガス発電(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

PEZA投資認可、1~11月は44%減少(12/14)

13日為替:$1=52.620ペソ(↑)(12/14)

マカティ地下鉄計画が始動、事業者と覚書(12/14)

バイクタクシーまだ認めず、最高裁が判断(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン