首脳会談で中国と覚書19件 300億円規模、多分野で増す影響力

カンボジアのフン・セン首相は11日、中国の李克強首相と首都プノンペンで会談し、総額18億人民元(約308億円)規模の覚書計19件を交わした。高速道路や送電線の整備、経済特区(SEZ)開発などハード面のほか、農業の近代化や調査、技術移転などソフト面でも協力を深化。多分野で…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産運輸・倉庫観光・娯楽社会・事件雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

首相「事実の報道を」、業界との夕食会で(15:46)

外資主導で鉱物開発加速 日本も参画、未開拓地域多く(01/22)

旧最大野党の党首、「救国運動」に参加せず(01/22)

プロキャスト、介護士育成大を4月開校(01/22)

17年の天然ゴム輸出30%増、価格も上昇(01/22)

不動産サイト大手、225万豪ドルの出資獲得(01/22)

安徽省系企業、シアヌークビルで複合開発(01/22)

パプア金融企業、東南ア初の事業始動(01/22)

工科大生、クメール語学習アプリを開発(01/22)

中国DAE、農業調査センターを建設へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン