首脳会談で中国と覚書19件 300億円規模、多分野で増す影響力

カンボジアのフン・セン首相は11日、中国の李克強首相と首都プノンペンで会談し、総額18億人民元(約308億円)規模の覚書計19件を交わした。高速道路や送電線の整備、経済特区(SEZ)開発などハード面のほか、農業の近代化や調査、技術移転などソフト面でも協力を深化。多分野で…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産運輸・倉庫観光・娯楽社会・事件雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

米飲料缶メーカー、首都工場の生産増強へ(04/20)

主要国際空港、1~3月旅客数26%増(04/20)

豪ジオ、金銀埋蔵を確認 北部で2カ所目、新たな収益源へ(04/20)

30年までに農業近代化、農水相が表明(04/20)

首相の娘婿、国営通信の会長に就任(04/20)

医薬品の輸出入規制法案、上院を通過(04/20)

韓国、職業紹介の改善に300万ドル支援(04/20)

商業省と労働省、シルク産業振興へ覚書(04/20)

首都ロシア連邦通り、立体陸橋が仮開通(04/20)

元RFA記者2人、控訴裁が保釈請求棄却(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン