【新・知財最前線は今】第4次産業革命時代における知的財産政策の方向 新政権の知的財産分野のマスタープラン

File No.112 韓国特許庁は2017年11月1日に、新政権の知的財産分野のマスタープランとして「第4次産業革命時代における知的財産政策方向」を発表しました。同政策は第4次産業革命時代を迎える中で知財の創出・保護・活用の「知的財産好循環プラットフォーム構築」を通じ、革新成…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

在韓日本企業に説明会、徴用工訴訟で(15:46)

テイクオフ:米国人のヒルマン監督が…(11/15)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

Xマス団体旅行、日本は苦戦 香港株安と貿易戦が重しに(11/15)

ソウル市が日系企業を表彰 技術移転と社会貢献を評価(11/15)

サムスンバイオ、株の売買を当分中止(11/15)

サムスン、新型AP「エクシノス9」公開(11/15)

ロッテ情報通信、デジタル戦略を公開(11/15)

関税撤廃の拡大へ努力、韓ASEAN首脳会議(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン