過積載の取り締まり、日本の技術活用

田中衡機工業所は国道5号線に走行計量システムを設置する(同社提供)

田中衡機工業所は国道5号線に走行計量システムを設置する(同社提供)

ベトナムのハノイ―北部ハイフォン市を結ぶ国道5号線で、日本の走行計量システムが試験的に設置され、過積載の貨物車両の取り締まりに活用されることになった。システムは田中衡機工業所(新潟県三条市)による設置。同社は全国で設立予定の計量ステーションで「ロードセルセンサー」の普及を目指す。

日本で実績があるロードセル(荷重や圧力を測定可能にする変換器)を用いた走行計量システムは、走行中車両の重量を測定できるため、道路交通の渋滞緩和につながる。ベトナム政府も、ロードセル式を、車両計量システムの標準設計に定め、南部ドンナイ省ビエンホア市内を走る国道51号線や国道1号線の他の区間にも導入を検討している。

国道5号線への計量システムの設置は、田中衡機が受託している国際協力機構(JICA)事業の一環。25日には現地で交通安全局(運輸省)などを対象に、システムの操作手順やメンテナンスなどの実務研修や日本での運用に関する講義を開催した。田中衡機は南部ドンナイ省にある現地法人田中スケールベトナムで、ロードセル式走行計量システムを生産する予定だ。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

所得向上で拡大する間食市場 売れ筋に地域差、南部はチョコ好調(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

白金運輸、カイメップ港に物流センター(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

ベトジェット、ボーイングに100機発注(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

ベトジェットが大邱線就航、毎日運航へ(07/20)

物流J&T、年内にタイと比進出を計画(07/20)

航空会社への出資上限、49%に引き上げ検討(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン