【年始特集】有望な投資先、1位はベトナム 中国の存在感も拡大

駐在員ら585人に聞いた「2018年のアジアで最も有望な投資先」では、前年に続きベトナムが1位となった。市場の成長性に期待を寄せる声が多く、製造業、非製造業ともに3割以上の票を集めて2位のインドを80人以上引き離した。また中国が前年の6位から3位に浮上。市場の巨大さを背…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本バングラデシュアジア東アジアASEAN
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

進出日本企業は100%成功=ルーマニア貿易相(05/25)

鴻池運輸、鉄道輸送を強化 日系企業の需要取り込み狙う(05/25)

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

車部品、1~3月は5%増 市場回復もメーカーで明暗(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

農業省が一村一品運動を始動 地域を活性化、大分の団体も支援(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

4月の新車販売、25%増の7.9万台(05/25)

UDトラックスが新型クオン発売、海外2カ国目(05/25)

イオンモール、30日に2号店開業(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン