【年始特集】有望な投資先、1位はベトナム 中国の存在感も拡大

駐在員ら585人に聞いた「2018年のアジアで最も有望な投資先」では、前年に続きベトナムが1位となった。市場の成長性に期待を寄せる声が多く、製造業、非製造業ともに3割以上の票を集めて2位のインドを80人以上引き離した。また中国が前年の6位から3位に浮上。市場の巨大さを背…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本バングラデシュアジア東アジアASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ダイビル、2億4千万$でシドニービル取得(16:49)

アマゾン誘致に期待高まる、トロント(08/14)

【アジアの果物流通最前線】高級ブドウ、市場定着目指す 「甘さ」「歯応え」「手軽」で訴求(08/14)

銀行間決済推進へ、JICAが55億円支援(08/14)

シーテックがIoT拡大、ローソンなど初参加(08/14)

NTT、シドニーにイノベ拠点 最大200人分の雇用創出(08/14)

パナソニック、第1四半期は2%減(08/14)

規制適合オフロードバイク、ヤマハ発動機(08/14)

ソフトバンクとトゥルー、IX事業で合弁(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン