【年始特集】有望な投資先、1位はベトナム 中国の存在感も拡大

駐在員ら585人に聞いた「2018年のアジアで最も有望な投資先」では、前年に続きベトナムが1位となった。市場の成長性に期待を寄せる声が多く、製造業、非製造業ともに3割以上の票を集めて2位のインドを80人以上引き離した。また中国が前年の6位から3位に浮上。市場の巨大さを背…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本バングラデシュアジア東アジアASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

不二越に賠償判決、挺身隊動員でソウル高裁(12:42)

三菱電機、18年度8%増収へ 省エネエアコン強化で首位固め(01/18)

戦略的な産業に優遇付与 貿易産業省などが東京で講演(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

駐在員住宅市場、今年も低調 外国人駐在員数減少で需要低迷(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

物流ギオン、海外初拠点を開設(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

トランスコスモス、スマランに初の拠点開設(01/18)

DHC、ベトナム企業と代理店販売契約(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン