【第3位】国民雇用優先、ウオッチリスト政策に本腰

人材開発省(MOM)は、国民の雇用優先政策を推し進める一環で、シンガポール人の採用・育成に消極的な企業をリスト化する「ウオッチリスト」政策に本腰を入れ始めた。リスト入りすると就労ビザ(EP=エンプロイメント・パス)が下りにくくなる。 専門家らによると、昨年ま…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(17:09)

卸売り販売額、電子不振で3年ぶり下落幅(17:47)

R&D・人材投資の税控除拡大、デロイト要望(17:09)

金融商品比較サイト、共同創業者2人辞任へ(17:09)

コモド空港の民間運営事業者、月内に決定(16:07)

テイクオフ:駅の改札口でスマートフ…(11/20)

ユズに続く食材の販路開拓 高知県、外食産業を通じて(11/20)

IMD世界人材ランク、初のトップ10入り(11/20)

DBS銀、東南アジアで初めてEPs採用(11/20)

建設大手、グリーンローンなどで資金調達(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン