初のレジ無しコンビニ、HCM市に登場

ホーチミン市1区中心部に国内初となるレジ無しコンビニエンスストアが登場した。自動販売機にスマートフォンに表示されたQRコードをかざして決済する仕組みで、運営する米系KOOTOROベトナムは来年中に市内に200店舗体制に広げる計画だ。

マックティブオイ通りに先週オープンした「トロマート」には自動販売機15台が並んでおり、お菓子やジュースなど食品類からシャンプーや歯磨き粉などが売られている。価格帯は5,000ドン(0.2米ドル、約25円)~5万ドンが中心。支払いはKOOTOROのアプリ「Toro Wallet」を通じて行う。コーヒーや麺類、ココナッツジュースなどの販売も近く開始する。

KOOTOROは2013年設立で15年にベトナムに進出した。担当者は、「先進国では当たり前の自動販売機をベトナムに広めたい。ただしトロマートは現金を使わない」として、利便性を訴えて店舗拡張を図る方針だ。

ホーチミン市中心部にレジ無しコンビニ「トロマート」がオープンした

ホーチミン市中心部にレジ無しコンビニ「トロマート」がオープンした


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

小学生の保護者向けPR、日本企業が支援(02/19)

インフラコとサンシープ、越で太陽光発電事業(02/19)

【アジア三面記事】ミルクがこぼれるコーヒーショップ(02/16)

保険IAG、アジア事業の売却を検討(02/16)

日系ブランド車はシェア79% ASEAN、中国の影響見られず(02/15)

有望ランク後退も満足度は上昇=JBIC(02/15)

ベトテル系携帯マイテル、月末にSIM発売(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン