主要12港の貨物取扱量、4~10月は3.3%増

インド港湾協会(IPA)によると、国内主要12港の2017年4~10月貨物取扱量は、前年同期比3.3%増の3億8,291万7,000トンだった。鉄鉱石の取り扱いが2桁増となり、全体をけん引した。 ペレットを含む鉄鉱石の取扱量は18.0%増の2,530万9,000トンだった。原油・石油製品やコンテ…

関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:貧しいポーターが州政府…(05/21)

日系2社、相次ぎセダン発表 トヨタは「ヤリス」をインド初投入(05/21)

AP州、5年でEV関連に3000億ルピー誘致(05/21)

鉄鋼タタ、破綻ブーシャンの過半数株取得(05/21)

米国の鉄鋼輸入制限、インドがWTOに提訴(05/21)

電動二輪の其易、印ヒーローモトコープと覚書(05/21)

NEC、物流合弁に分析高率化システム導入(05/21)

1〜3月のタブレット市場、レノボが首位(05/21)

第一生命、資産運用会社に約40%出資(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン